低反発は熱がこもるので注意が必要

使用しているベッドはダブルのサイズで、スプリング式の脚付きマットレスなのですが、スプリングの反発が強すぎて、自分は良いものの、一緒に寝ている家内は体が浮いたようになってしまうため、体を受け止めるような快適性が無いことを悩みとしていました。

そこで、ニトリから販売されている低反発素材のマットレスをベッドの上に重ねることで、少しでも寝心地が良くなるようにしました。

ダブルのサイズを購入したのですが、ベッドとサイズがぴったりで、使用していて特に違和感はありませんでした。

低反発の具合も丁度よく、体が程よく沈むため、使用する前に比べて寝心地は格段に良くなりました。

しかし、冬場の気温が低い時は良いのですが、夏場になると、体が沈む分熱がこもり、以前よりも寝苦しくなってしまいました。

また、重量も他のマットレスに比べて重いので、干すときなど、運ぶときには一苦労になってしまいます。

表面が若干起毛しているので、冬場はそのまま使用できますが、夏場はシーツを被せないと暑さが増してしまいます。

重ねて使っている分全体の厚みが増えてしまったので、市販のボックスシーツでは少々寸足らずになってしまうのも気になっている点です。

コメントは受け付けていません。